中古車を決める前にマイカーローン申し込み

中古車をローンで買うとなると、いくらまでのローンが組めるかによって選択が出来る中古車の幅が変わります。少額のローン利用に留まるようであれば中古車も限定をしなければならず、希望通りの車種や年式の車が買えない可能性があります。

 

 

逆に大きな金額までマイカーローンの利用が出来るのであれば、中古車の選択も広くなります。希望通りの車種以上の中古車が買える可能性もあるため、どの車を買うか決めていない段階でもローンの利用が出来るかが事前に分かるのは、中古車選びとしては非常に大きな利点となります。

 

ただ、通常の販売店のローンは、中古車を買うとなり、契約をする段階でローンが使えるかを審査がされます。車を買う前に審査だけをしてもらうことは出来ないので、散々迷った挙句に車を決め、いざ契約をなった際にローン審査に通らないといった内容では時間も全て無駄となります。

 

そのため、中古車をローンで買うのであれば、車種を決める前に仮審査の申し込みが出来るネット銀行のマイカーローンを利用すべきです。購入車種は仮審査通過後に決めれば良いので、まずはいくら借りられるかを見るだけでも良いのです。

 

中古車対応のネット銀行のマイカーローン情報はマイカーローンで中古車を買うで確認が出来るので、良い中古車選びのためにも見ておきましょう。

 

マイカーローンの金利と保証料

自動車の購入では、マイカーローンを役立てる方が、決して少なくありません。サービスでは金利が設定されるため、利払いを少しでも抑えたい方は、僅かな差異にまで拘るでしょう。金利にそこまで拘らない人でもチェックだけはされるはずですが、確認が甘いと、思っていたのとは全然違う内容となるかもしれません。

 

各マイカーローンサービスでは、金利の設定方式が異なります。固定金利あるいは変動金利の、どちらか一方を用意するケースもあれば、2つの設定方式から選べるケースもあります。どちらを採用する場合にも、メリットとデメリットが想定されるため、納得された上で返済方式を選びたいものです。

 

しかし、マイカーローンの金利チェックは、金利方式の確認だけでは不十分です。サービスによっては保証料を設けるケースがあります。保証料も金利と同様に何%と決められているため、2つを換算しなければ意味がないでしょう。たとえば、固定金利2.7%保証利率0.7%を予定する場合には、金利3.4%に換算可能です。

 

金利方式と保証料のどちらか一方が欠けても、正確な金利チェックとはなりません。確認情報に漏れがあれば返済計画に誤差が生まれるため、忘れず2つのポイントをチェックしてください。

 

特に注意をすべきは信用金庫や地方銀行のマイカーローンで、金利は低く見えても別で保証料が必要となる場合があります。結局はトータルで大きな負担となる場合がありますので、なるべくなら保証料は金利に含まれているおすすめが出来るマイカーローンを利用するようにしましょう。

 

ローンの返済を遅延したらどうなる?

マイカーローンは金融機関ならではの低金利で高利用限度額なのが魅力です。低金利な分だけ毎月の返済額も余裕を持って返済できるように設定されていますが、もし返済に困ってしまうと大変です。返済が遅れた方に対してペナルティーとして遅延損害金を設けているからです。

 

金融機関によっても違いますが通常の金利より高めの金利が設定されており、元本や利息とは別にお支払しないといけないです。せっかく低金利で新車や中古車の購入資金を借りられても遅延損害金が発生してしまっては意味が無いです。

 

もしマイカーローンの引き落とし日に口座に残高が足りずに引き落としされなくても、7日から10日後くらいに再度引き落としされる場合が多いです。この時までに返済に必要な金額を口座に入金していれば遅延損害金を請求されることは無いです。うっかり引き落とし日を忘れてしまった場合はお早めに口座に入金された方が良いです。

 

もしマイカーローンの返済遅延を何度も繰り返すと遅延損害金だけじゃなく、個人の信用情報機関に遅延実績ありと記録される可能性が高くなります。記録されている間は金融機関のローンで新規借入が出来なくなってしまいます。まずは購入資金を借りる前に十分無理のない返済計画を立ててください。